青汁 便秘 女性

青汁は40代女性の便秘に効果的?

中性脂肪

中性脂肪が体につきやすい40代

40代ともなれば、中年の領域にさしかかり、若いころと同じだけごはんを食べても、ちょっとしたことで、中性脂肪が体につきやすくなります。

 

体脂肪率も増えますし、若いときとウエストのサイズが違うので、ズボンがはいらないなど悩みが増えます。

 

近年は食生活が多様化しており、欧米化スタイルが多数持ち込まれたので、肉を食べることが本当に増えました。

 

昔は、一汁一菜の質素なシンプルな和食中心の食事でしたので、太っている人も少なく、スリムな体型を維持している人が多くいました。

 

野菜不足は肥満の原因

野菜不足は肥満の元ですし、また肥満は便秘にもつながります。

 

野菜を多くとらないと、食物繊維不足となりますので、お通じが悪くなります。

 

腸内環境が悪く、腸内フローラが活性化されませんので、便秘になり、体が重く感じられるでしょう。

 

特に、男性と違って女性は、腸が長いので、ただでさえ、便秘になりやすいのです。

 

そこにきて、野菜不足と運動不足が重なると、体に便はたまり、脂肪も蓄積され、体はどんどん重くなります。

 

積極的に野菜を摂取するのが難しい人は、青汁がお薦めです。

 

粉末タイプならば、一杯あたり安いですし、自分のさじ加減で飲みやすい味にすることができます。

 

マイボトルに入れれば、外でもどこでも飲むことができます。

 

外食をして、野菜不足だなと感じたらいつでも飲めるので経済的です。

 

また、市販で発売されているパックの青汁もお薦めです。

 

メーカーやブランドによって味の種類が違いますし、きっと野菜嫌いな人でも飲みやすい青汁に出会うことができるでしょう。

 

昔は、何かと苦いイメージがついて回ったものですが、今は本当に飲みやすく、幼い人からお年寄りまで誰でも親しめる味になっています。