青汁 便秘 女性

青汁は50代女性の便秘に効果的?

野菜

便秘に悩んでいる50代

50代の女性で便秘に悩んでいる人は多いです。

 

50代の女性の多くは更年期になっている人が多いです。

 

更年期とは女性ホルモンであるエストロゲンというホルモンが減少することによっておこる症状ですが、いままでに感じた事のないような症状がつぎつぎと起こるつらい時期といっても過言ではありません。

 

体調がすぐれず外出できないとかホットフラッシュがおこるとか、いままでよりも簡単に太ってしまったり便秘になる、あるいは不眠症になるなど人によってさまざまな症状があります。

 

とくに便秘の悩みというのは、どの年代にとってもつらいものです。

 

便秘解消に必要な食物繊維を摂取

便秘解消の見方は食物繊維を摂取するというです。

 

青汁の主成分になっているのはケールや大葉や明日葉ですが、これらにはたくさんの食物繊維が含まれているので、便通をよくするのに効果的だといわれています。

 

ただ、食物繊維には実は2種類あります。

 

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

 

どちらかが多すぎても便通がよくなりません。

 

両方の食物繊維がバランスよく含まれている青汁を選ぶとより効果的です。

 

さらに便秘改善のためには食物繊維のほかに、水分が必要です。

 

水分というとコーヒーやお茶でも問題ないように思われますが、これは水か白湯が効果的ですから、それもとることが必要です。

 

また便秘というと食物繊維や水分が必要ですが、あまりにも便秘が悪化してしまった状態でそれを摂取しても、かえってガスがたまってすぐに改善できないことがあるので、まずは便を出してから食物繊維をとるようにしないといけません。

 

また水分と食物繊維のほかに腸の蠕動運動を活発にさせるには運動が必要です。

 

腸まわりをマッサージしたりひねるなどの運動をするとより効果がでます。